神保町のカフェのような本屋さんのような

k-文学を読む会に誘ってくれた出版社の社長さんが神保町にブックカフェを開いたので、今月は場所を借りて会を開くことになりました。↓全部自社製の本です。
DSC_0072.JPG

毎回テーマがあってひと通り読んで翻訳したり内容を話し合ったあと、その場で軽く一杯という具合になります。
社長も来て談話していたら、店長に「本にポップをもっとつけましょう」と話していたので、思わず「ポップもつけるなんて、本屋さんみたいですね!」と言ったら「ここは本屋さんですが…」と白い目で見られてしまいました^_^;
DSC_0074.JPG
神保町のA7出口を出てすぐのところにあります。
韓国の原書や日本語で出版された本があって、くつろいで本を楽しめる空間、という感じです。
新聞を見て女子中学生が集団で来たり、ビールもおいているからお昼から飲む方もたまにいるそうです。